トップ > クリニックの基本理念

クリニックの基本理念

クリニックの基本理念

歯科医療は「どのように治療するか?」ということがいつも中心に考えられますが、本来は「どのように歯を守るべきか?」ということを最優先に考えるべきだと思っています。
そのため、「最初の見立て=診断」が大切になります。「診査・診断から治療計画」と聞いたりすると思いますが、数回の診察で最終的な治療目標が決めることはほとんどできません。

なぜなら口腔内も生体の一部ですから、様々なことが非常に複雑に絡んでいるからです。
それらをひも解くことが、「患者さん個人への診断」につながると考えています。

症例1
症例2
症例3

正面から見てもひとりひとり口腔内は違います。治療をするときに全く同じ方法や考え方でできるでしょうか?
様々な条件が違うので、個々の患者さん合わせた考え方を見つけ出していく必要があります。

患者さん個人の診断をしていくためには、口腔内をよく観察し、生じている現症(口腔内におきていること)などを様々な角度から分析をしていく必要があります。
そのため診断には時間軸という概念がすごく大切であるため、治療期間がある程度必要になります。

患者さんの多くは「歯を削って詰める、あるいは冠をかぶせれば終わり」というような歯の形態を回復するだけの短期間の治療を考えていますが、当医院では、「一度治療した歯を長く持たせる」「できるだけ定期検診で予防をしながら口腔内の健康維持を目指す」という長期間での目線で患者さんの治療を考えていくようにしています。

今までの経験から患者さんの口腔内が悪化していく要因の一つに「治療が途中になってしまうこと」というのが大きく関係していると感じていますので、極端な治療回数の制限などがある場合は治療をお断りする場合があります。髪の毛1本入っただけでも口腔内は違和感が生じるぐらいの敏感な組織ですし、患者さんの生体の一部ですから大切に扱わせて頂きたいとの考えからです。

^